WからWへ

Wilson CLASH V2 100 L

約2年半使ってるWilsonのCLASHがVersion 2.0となり発売されると言うことで、いつもお世話になってる地元のテニスプロショップLAFINOさんに出向き、N店長に買うべきラインアップを相談して予約を入れ本日引き取ってきました。
これまでは108インチのデカラケを使っていたけど同重量でややトップライトとなる100Lを選択し、ガットも久しぶりにナチュラル(バボラのタッチVS)を40ポンドで張り、更にラケバもラケットと同じデザインのものにした。
65歳のオジサンはこうやってテンションを上げるんだよー。
初打ちが楽しみだぞ。

新バージョンのキャッチフレーズは「アンフェア」。
よく分からないけどなんか「ずるい」んだって。

Wilson公式サイトではこんな紹介文がありました。
-----------------
ウッドラケット以上にしなり、厚ラケ級の安定性を発揮するCLASH。フレーム上部のカーボンのレイアップをアップデートする事により、CLASH本来のしなりはそのままにv1.0に比べてスイートエリアを上方向に拡げ、ボールへのパワー伝達性が向上します。
操作性に優れたCLASH 100L。
-----------------

機能面の向上はいくつか挙げられているけど、そこには余り興味は無く(^^ゞ、とにかくデザインに一目惚れ。
フレームのマットな赤と言うかワインレッドが良い。
フレームに掘られたロゴのエンボス加工がとても良い。

買い替え候補は三つ。
1.ロゴのエンボス加工に引き寄せられて100インチ(かなりのミーハー)
2.これまでと同じく108インチ(安定第一)
3.チャレンジの100L
2,3はロゴのエンボス加工がありません。

1は平均重量が295gと108インチより15g重くなるのが大きなマイナスポイントで、僕の腕力、ラケット操作においては試合の後半やサーブできっと無理だろうなとのN店長の助言もあり冷静に判断を。
15gの重量差はとても大きいんだよ。
初めて買ったラケットが100インチで300gのヤツ。
使いこなせず軽量デカラケに買い替えてずっと来たんだけど、また100インチのを使ってみたくて108インチではなく、今使ってるのと同じ280gの100インチのLIghtバージョンに決めたよ。
フェイスサイズが小さくなるのでスイートスポットも狭くなるから頑張って練習しなくちゃね。

ロゴのエンボス加工が無いのが悲しい。
Wilsonさま、同じく価格なのに差を付けるのやめてください。

ガットは最近トアルソンのBIOLOGIC LIVEWIRE 125を使っていたけど、100Lはバランスポイントが315mmとややトップライト気味なので、ボールをより飛ばす力を生むナチュラルガット(BabolatのタッチVS)に戻し、テンションも40ポンドまで下げて張ってもらった。
ナチュラルの打感も楽しみだなあ。

CLASH V2 ラケバ

ラケバも新デザインに合わせて同時発売となったものに買い替えた。
デザインのステキさもあるけど、僕は自力で肩に担ぐことが出来ないので長いストラップでいつも手持ちにしていて、とても持ちづらかったんだけどバッグのセンターとトップに取っ手が付いて持ちやすくなってるのがとてもうれしい。
前回もラケットと同時にラケバも買ったなあ。

上手くは無いけど上手に、試合で強くなりたい。
そう思って趣味時間の殆どをテニスで過ごしているオジサンには、このくらいのお買い物しても良いよねーー。


より一層、気持ち良くテニスに出かけられるぞ!

CLASH 100L v2 スペック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。